医療保険のTVコマーシャルの意味

TVを観ていると必ず医療保険のコマーシャルに出会います。

出演しているタレントさんやコマーシャルの内容で、パンフレットやダイレクトメールを見た時に、前に見たコマーシャルを思い出して親近感を覚えることはあるはずです。

デジャブの効果と言えるでしょう。

医療保険の給付を受ける時、というのは何らかのトラブルが起こった時です。

つまりあまりよくない心理状況で登場するのが医療保険なのです。

そこでTVコマーシャルでは、不安感を煽らずにかつ、医療保険の重要性を印象付けようと、各社さまざまな工夫をこらしています。

医療保険のコマーシャルでは宮崎あおいさんとアヒルは、テーマソングとともにすっかりおなじみになっていますが高感度の高い女性タレントの出演が多くみられます。

一方、星野仙一監督や、俳優の地井武男さんなど年配の男性をイメージキャラクターに起用している会社もあります。

また有名タレントは起用せず、落ち着いた雰囲気で医療保険の必要性を訴えているコマーシャルもあります。

いずれにしても、視聴者に不快感を与えず、それでいて医療保険に関心を持ってもらうためにTVコマーシャルは大きな役割を果たしているのです。
タグ:TVCM
| 医療保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカと日本のの医療保険制度比較

日本とアメリカの医療制度を比較してみましょう。

一番の大きな違いが公的医療保険です。

日本では、全国民強制加入の国民健康保険で、地元や里帰り中の病院、医院、個人・総合病院、公立病院など、どこでも自由に診察を受けることができます。

さらにかかった医療費も、どこであっても同じように保険が利くので安心です。

また、緊急時には誰もが病院で最善の治療が受けることができます。

これは保険制度が発展した日本ならではなのです。

アメリカの医療保険の最大の問題点は、意外なことですがアメリカには日本の国民健康保険に該当する公的な医療保険がない、と言うことです。

このため医療保険に加入しようと思ったら、民間の保険に加入するしか方法がないのです。

数多い民間の保険会社の中から、自分自身や、自分の家族に最適の保険を探さなければならないのです。

ただし、企業に勤めていた場合には、その企業が契約している複数の保険会社の中から、家庭の事情や経済的な状況に一番合った保険を選び出すことができます。

範囲が少し狭くなる分、探しやすいかもしれません。

アメリカでの民間医療保険の保険料は、日本と比べるとかなり高額で、安い保険でも日本円で2万円程度、保証内容を充実させようとするならば、大体20万円程かかります。

従って医療保険に入りたくても経済的な問題から加入できないという国民も多く、保険加入者の割合は6割程度にすぎないのが現実なのです。

残った4割の国民のために、保険専門の救済制度が取り決められており、非営利団体の人々も支援の為の活動を続けています。
| 医療保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組み立て型医療保険

医療保険の中には、1年ごとに契約内容の見直しが可能なものがあります。

これは医療保険を自分で組み立てていくものですので、「1年組み立て保険」と言われています。

細かく自分の人生設計が出来る人、したい人には適した医療保険だと思います。

「1年組み立て保険」は、主契約と特約を自由に組み合わせるもので、主契約は「遺族保障」で、特約には「入院保障」「ガン保障」「月給保障」などの医療保険が含まれています。

これらの保険を自由に組み合わせることを可能にすることで、被保険者は安心感を得ることができるのです。

何故1年ごとに見直すのかというと、被保険者が夫であり、父親である場合、まず主契約以外にも多くの特約保険を考えると思います。

ただし。子供は成長するに従って必要な学費は大きくなりますが、大学まで行ってしまうと学費を払う残りの期間は短くなっています。

その他の特約保険についても、年齢を重ねるごとに必要な金額は変化するはずです。

この変化に対して、「1年組み立て保険」は必要ならば毎年、保障額や保障の内容を見直すことができます。

非常に柔軟な医療保険ですので、あらゆる変化に対応することが可能です。

ライフステージが変わっていくごとに規約内容を見直すことができれば、無駄な保険料をカットすることもできます。
| 医療保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。